願いのリレー

CHAGE&ASKA中心のブログとなっています。みなさん気軽にブログ見てくださいね。あと、よかったら気軽に絡んでいただいても構いませんよ(^^)。一緒にCHAGEさんASKAさんを応援しましょう!o(^-^)oたまに、チャゲアス以外のブログも書くと思いますが、それは見ていただなくて結構です(^^)

【君の知らない君の僕】1〜僕がひねくれた理由〜それより僕が伝えたいのは〜

※   明るい話ではないので、湿っぽい話を読みたくない人は読まないでください。

これは、fellowsの日記に載せたものです。

 

 

 


あれは、僕が小学1年生のある夏の日の出来事だった。

 

 

 

 


僕は近所の子供達5人くらいと遊んでいた

(そこに弟も含まれていた)。

 

 

 

 


みんなで蝉を捕まえに虫捕り網(タモ)を持ち、虫カゴを首からぶら下げて出かけた。

 

 

 

 


何故か知らないけど、いじめられやすいのか、僕だけハバにされていた。

 

 

 

 


しょうがないので、

僕は1人でセミを捕まえることにした。

 

 

 

近所の神社に行った。

でも、1人ではなかなか捕まえられなかった。

 


神社から出て直ぐの道端で、僕をハバにした人たちとすれ違った。

 

 

 

その中には、3歳年上の近所のお兄ちゃんもおり、みんな虫かごいっぱいにセミを捕まえていて、僕に自慢げに見せてきた。

ムカつく笑顔で。

 

 

 

 


子ども心ながら、鬱陶しいなと思った。

 

 

 

 


そして、そのセミをどうするか何気なく遠くから見ていたら、

 


近所の空き地の土を、みんなで掘っていた。

 


そして……

 


生きたままのセミを埋めていた。

 


その人たちは笑いながら去っていった。

 

 

 

 


僕は、それが許せなかった。

 

 

 

僕をハバにしたあげく、みんなで捕まえてきたセミを、生きたまま埋めることが許せなかった。

 

 

 

 


セミがかわいそうだと思った。

 

 

 

 

 

 

 


だから、みんながいなくなったのを見て、僕は1人でセミが埋まっている土を掘って、セミを助けた。

まだ生きていたから、たくさん逃がしてあげた。

 

 

 

 


一匹だけ、飛べずにいた。

 


セミの体に付いている土を払った。

 


僕は、僕の虫かごにそのセミを入れてあげた。

 

 

 

 

 

 

そして、僕は1人帰宅した。

 


……

 

 

 

 


玄関を開けた、すぐ目の前に母親がいた。

 

 

 

僕は、せめて母親だけにでも

セミを捕まえたことを、褒めてもらいたかった。

それだけで救われると思った。

 


ただ褒めてもらいたかった……。

 


たったひとりの味方

 


だと思って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『セミ捕まえたよー。見て~』

 

 

 

っと、僕はセミの入った虫かごを見せながら嬉しそうに言うと、母親は、

 

 

 

 


『あっそぉ!歯を食いしばれ!』

 

 

 

バシッ❗️

 

 

 

いきなり僕の頬に思いっきりビンタしてきた。

 


頭がクラクラして目の前が真っ白になった。

 

 

 

その目の前が見えない状態で、言葉だけが聞こえてきた……

 

 

 

 


『人の物を取るなんて、泥棒だ!セミを盗んだことを聞いたぞ!』

 

 

 

 


って言われた。

それからの記憶はない。

 

 

 

 


ただ、僕は幼かったし、理由を言葉で言えなかった。

僕が悪かったんだと、ずっと毎日毎日自分で自分を責め続けた……

 

 

 

 

 


ただ、わかるのは、おそらく陰に隠れて、僕の様子を他の子供たちが見ていたんだろう。

そして、それをうちの親に言ったんだろうと思う。

 

 

 

 

 


そういう星のもとに生まれてきたんだと、そのとき子供ごころながら思った……

 

 

 

 

 

 

 

今でもセミが鳴くと、その記憶が蘇る……

 

 

 

 

 


自分が大きくなってから考えても、あのときの僕は悪くないと

今でも

思う。

 

 

 

 

 

 

理由を聞かずにいきなり殴る親が信じられない。

自分の子供を信じてくれなかった親が信じられない。

 

 

 

 

 

 

こういうことは、この限りではない。

 

 

 

 

 


父親からも、理不尽な扱いをされていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親のせいにしては行けない。

でも、理由というものがあるならば、

そこから、僕の性格がひねくれてしまったことが始まったのかもしれない……