願いのリレー

CHAGE&ASKA中心のブログとなっています。みなさん気軽にブログ見てくださいね。あと、よかったら気軽に絡んでいただいても構いませんよ(^^)。一緒にCHAGEさんASKAさんを応援しましょう!o(^-^)oたまに、チャゲアス以外のブログも書くと思いますが、それは見ていただなくて結構です(^^)

【おばあさんと僕】〜前編〜

先日、

父方の父母が眠るところに妻と子供2人連れて、家族4人で車でお墓参りにいった。

 


行く道中から、運転しながらふと思い出した。

僕が少年だったころの話……

 

 

 

 


思い出す度に胸が痛む……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が小学6年生の時、修学旅行で京都に行った。

その時のお土産に、家と、家に一緒に住む

おばあさんにお土産を買って帰宅した。

 

 

 

今の時代は、祖父母のことを

「ばぁば」や「じぃじ」

と呼ぶ家も多いと思うが、僕は、おばあさんとしか呼んだことがない。

 

 

 

そのおばあさんへのお土産は、京都で購入した

 


箸と耳かき🥢

 


だった。

 


修学旅行から帰ってきて、1階の居間でおばあさんにそれを渡すと、おばあさんはニコニコ凄く嬉しそうにしていた。

 


おばあさんは、すっかりご機嫌になり

 


「今度、動物園に行こう」

 


と僕に言った。

 


僕も

 


「うん」

 


と返事をし、弟や両親にもそれを伝え、

週末を迎えた。

 


おばあさんと約束をした当日の朝、僕は年子の弟に、

 


「今日動物園だね」

 


と言うと、弟は

 


「え?俺、お母さんたちと遊園地に行くよ」

 


って言ったのだ。

 

 

 

え!?

 

 

 

つまり、弟は僕の両親と3人で遊園地に行くらしい。

僕は家族で動物園に行くと思い込んでいた。

 

 

 

は!?

 

 

 

遊園地?

そんな話聞いてない!

普通、僕にも遊園地行くかどうか親も聞くと思うし……

 

 

 

出た!さすがは僕の両親だ!

僕にはそのような扱いだ。

(君の知らない君の僕1~3より)

 

 

 

 


おばあさんは、僕と動物園へお出かけのために普段しない化粧をしながら楽しそうにしていた。

 

 

 

 


僕はおばあさんに言った。

 


「ぼく、今日遊園地に行く」

 


と……。

 


『動物園行かないの?』

 


「うん」

 

 

 

 


僕はおばあさんと2人で動物園に行くより、両親と弟と遊園地に行く方を取ってしました。

 


(小学6年生にもなって、

おばあさんと2人で動物園に行くのは嫌だ。

同級生に見られたら恥ずかしい)

 


という感情が湧き上がってしまった。

 

 

 

 

 

 

 


あの時のおばあさんの凄く寂しそうな顔は、

一生忘れられない。

 

 

 

 

 

 

 


やがて、それは

大きな後悔になってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 


それは、ある出来事があったからだ……

 

 

 

 

 

【せんぺいも王子様も蔑ろ】⑦

※注意

これは、ヤバイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


真っ暗な部屋の中央の奥に、ぼんやりと直径2メートルくらいになる明かりがある。

 


真っ暗で部屋の広さは分からない。

ただわかるのは、何かが光っていることだけだ。

 


僕はその光の方へ数歩進んだ。

 

 

 

 

 

 

背もたれのある1人用の椅子に誰か座っている。

 

 

 

 


僕から見ると、椅子の背もたれが僕の方に見えているので、座っている人については後ろ姿だった。

 

 

 

 


僕は、その人物が、妻かどうかは不明であるが、妻がここにいると言われ、連れてこられたので、妻だと思い声をかけることにしたが、妻じゃない可能性もあるので、取り敢えず無難に

 

 

 

 


「すみませーん」

 

 

 

 


と呼んでみた。

 

 

 

 

 

 

椅子に座っている人物が、椅子を回転させて

僕の方へ振り向いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え!?( ゚д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(>人<;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎゃ~~~~~ぁぁぁ!!!

 

 

 

 

 

 

 


ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 


(インスタ参照)R20指定。閲覧注意。

【せんぺいぺいピーポー第10弾】

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


妻「は?なにやってるの!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目が覚めた!!

全て夢だった……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


夢はるか

 


夢のつぶて

 


夢から夢へ

 


夢のかなたへ

 


夢を見ましょう

 


夢でいてくれるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど夢さ (Is it a good dream?)

僕は夢さ (Is it a bad dream?)

君も夢さ (Is it a good dream?)

すべて夢さ (Is it a bad dream?)

 


夢は深く (Is it a good dream?)

夢は浅く (Is it a bad dream?)

夢は流れ (Is it a good dream?)

夢は止まる (Is it a bad dream?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢の中で夢を見る

そんな夢さえreplicant……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


みなさん

失礼いたしましたm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


完     (なんだこの終わり方!!)

【せんぺいも王子様も蔑ろ】⑥

※ これは、フィクションとパッションやらで構成されてます。

 

 

 


車から僕も含めて、4人とも降りた。


太った男、女性、メガネをかけた60歳くらいの男
3人とも、何故か建物の方を見て黙っている。


僕も建物の方を見た。


そこには、築100年以上は経っている豪邸だった。
門があり、中に1000坪くらいある庭。
その向こうに、レトロな建物。
茶色の屋根に、白い壁、たくさんの窓。

まさにお城。


今僕は
高さ3メートルくらい
横幅15メートルくらいの門扉の前にいる。


門扉の前には、
年齢45歳くらい
身長185センチメートルくらい
体格、筋肉モリモリのガッチリ
上下黒色のスーツ姿の
門番と思われる男が1人立っていた。


何か怖い感じがした。


僕は、僕を連れてきた3人に、
どうすればいいのか声をかけたが、
3人とも、僕の方を見て、
言葉は発せず、
どうぞあちらへ
という、手のジェスチャー
だけしてきた👎

よくわからないが、僕はもう後戻りできないようだ。

 


こんなとこまで
来てしまったよ

TEKU TEKU 行くさ
もう戻れない……

 


門扉の男が低く太い声で言った。

「さぁ、中にお入りください」

と言ったのち、

ギギギギ〜

っと、錆びているような音が鳴り、門扉の片側を少しだけ開けた。

僕を連れてきた3人組の中の女性が喋りかけてきた。

『ここからは、せんぺいぺいピーポーさん単独で行ってください。私たちは中に入ることができません。選ばれし者だけです』

何だかよくわからないが、

「はい」

と返事をし、ついに僕は
門扉の中に入った。

 

……門扉の中に入ると、門扉の外から見る雰囲気と少し違う気がした。


ギギギギィ〜


中越しに、門扉が閉められる音がした。

 

お城も門の外から見たら立派に見えたが、
門の中に入ってから見たら、
建物は大きいは大きいが、大きな古い屋敷のように見える。
庭も広いが、雑草が生えっぱなしで手入れがしていない。


ふと振り返って門の外を見た。

 

 

誰もいなかった……

 

僕を連れてきた3人も。

 

門番の男も。

 


え!?
どういうこと?
門の外と中では見える景色が違うし、
今のここには僕しかいない。

あ、そうだった!

ここには何故か妻がいるんだった。

何故ここに妻がいるのか、まだ理由がわからないが、

妻から自然な笑顔が出るよう
接しようと思った。
そうしたら、ある団体がなぜ
せんぺいぺいピーポーを探していたのかがわかるかもしれない。
この建物の中に、そのある団体がいるのかな。

だとしたら、そのある団体と妻が
いま一緒にいる。

僕は少し、いや、かなり不安になっていた。

なぜならば、お城かと思った建物は古い屋敷のようだし、庭は手入れしていないし、

なんだか異様な雰囲気を漂わせていたからだ。

ただ、迷っている場合ではない。

僕を連れてきた
あの3人を信じよう(もういないけど)。

 


《多分、この後の展開としては、お約束どおり、建物の中には妻がおり、僕が話しかけて、仲良く喋り、妻に自然な笑顔が出て、
異様な雰囲気の建物が明るくなり、
ハッピーエンド的なストーリー展開になるだろう。》


きっと、そうだろう。

 

……

 

 

僕は、雑草が生い茂る庭を奥へと歩き、
建物の玄関まで来た。

玄関ドアは茶色の木製で出来ており、
何故か、ドアが少し開いていた。


僕は大きめの声で

「ごめんくださ〜い」

と言ったが、反応はなかった。

「どなたかいますか〜?」

反応はない。

僕は、
少し開いている玄関のドアを開けた。

玄関の中に入った。

薄暗く、何故だか空気がどんよりしており、電気はついていなかった。

畳20畳ほどの広い土間があり、
その先に、また古い木製のドアがあった。

僕は靴を脱ぎ、上がった。
そのドアの前で足を止めた。

またドアは少し開いていた。

「すみませーーん!!」

かなり大きな声で呼んだが、何も反応がない。

 

おかしいなぁ…‥
(ある団体って…… ない団体なのか?)

 

僕は次のドアを開けた。

 

 

 

 

NEXT DOOR……

 

 

 

 

 

 

 

 

【せんぺいも王子様も蔑ろ】⑤

※ これは、フィクションとノンフィクションの合作です(ヌケサクではありません)。

 

 

 

 

 

 

 


車内NOW!

 

 

 

しばらく車内は無言だった。

カーステレオから、曲が流れていた。

 

 

 

あ、Aさんの曲だ!!

 

 

 

 


♫手に負えない奴と言われりゃ

それはそれで当たりだろう

噛みあわなぁ~い奴と呼ばれりゃ

それはそれで当たりだろう~

(↑これで合ってるかどうか自信ない)

 

 

 

 


って……

 


この曲を久々に聴き、僕は悩んだ。

毎回わからなくなる

 


「言われりゃ」

「呼ばれりゃ」

 


曲を流さず、

頭の中だけでこの曲を流す時、

いつも、わからなくなる。

 


これって僕だけでしょうか?

(↑誰に聞いてるんだ!?)

 

 

 

手に負えない奴

と呼ばれる時もあれば、

言われる時もある

 


噛み合わない奴

と言われる時もあれば、

呼ばれる時もある

 


どっちがどっちだか……

 


もぉ~~う

 


♫ややこしや~ ややこしや~

(↑もういいって!!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾)

今度は表に出さず、心の中だけで言った。

 


玄関前でこの人たちの前で

〔ややこしや〕をやったことを思い出してしまい、思わず吹き出してしまった。

 

 

 

 


車内の他の3人がそれに気づいた。

 

 

 

 


3人のうち、運転手は

口笛を吹いた。

 

 

 

 


助手席の女性はルームミラーを拭いた。

 

 

 

 


僕の隣の男は、メガネを吹いた。

ふーふー

とメガネを吹いた。

 

 

 

 


僕は、後部座席から

運転席の太った男の髪の毛を吹いた。

 

 

 

 


髪の毛が、少し浮いた!

 


♫少しずつ

違う景色を~

 

 

 

まさかのカツラさんだった!

 


いらっしゃーい!

(それは、桂三枝)

(今は桂三枝ではない)

 

 

 

 


なんだ!?この意味不明な光景は!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ!!しまった!!W(`0`)W

 


家の洗濯物も、

庭の草刈正雄もしていない!!

家に帰ってからやるのかぁ……

面倒くさいなぁ。

もう、こうなったら、

めんどくさがり正雄になるしかない!!

(↑どういう意味だ!!)

 

 

 

どうも、めんどくさがり正雄です。

(。+・`ω・´)キリッ

 

 

 

 

 

 

 


……

 

 

 

 

 

 

 


さて、

それにしても、その、ある団体のいる場所に着いたら、妻がいるんだろうか。

 

 

 

いったい何故そこに。

 

 

 

そんなところで妻に会ったら、何て声をかければいいんだろう。

 

 

 

明るく声をかければいいのか

トーンを落として声をかければいいのか

 

 

 

僕がせんぺいぺいピーポーだったことを怒っているのかどうかもわからない

 

 

 

ここは、ありのままに普通に声をかけようかなぁ、

いろんな策を考えていた。

 

 

 

 

 

 

 


いち、に、さん!で飛び乗るか

いち、に、のさん!で乗るか

 


【せんぺいぺいピーポー第9弾】

(インスタより)

[これは、ヤバすぎる(笑)]閲覧注意!!

 

 

 

 

 

 

 


どうでもいい策を考えている間に

ある団体の場所に到着した……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【せんぺいも王子様も蔑ろ】④

※ これは、フィクションとノンフィクションの合作です(工作ではありません)。

 

 


その日僕は
そのまま静かに寝ることにした。


人を笑顔にするって
言葉では簡単だけど


自然に生まれ溢れる笑顔ってやつを


どうしたら相手にさせてあげられるんだろう


そう考えながら
その日は眠りについた。


眠りに……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


♫リンガリガリン!

耳障りなベルが鳴る〜

 

そう。目覚まし時計が鳴った!!
もう朝?
時計の針はAM9時を差している

 

……

 

あれ?
今日は何曜日だ?
スマートフォンの画面を見た。
金曜日だった。


あれ?
昨日も金曜日だったと思ったけど……


ま、いいか。


イイ天気だ。

家中の窓を開けて 地球の風を部屋に入れた。


ひゃっほ〜!!
ずっちぃ〜なぁ〜!!
地球に生まれて良かったぁ〜〜!!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
(織田裕二のモノマネをする山本高広風)

 


ん?ちょっとまった……

 


この場面、何処かで見たぞ!
デジャヴか?
昨日の出来事は夢だったのか?
いや、違う。
昨日は確かに一日行動していた。
夢ではないはず。
でも、
朝起きたら、昨日と同じくまた金曜日だ……

と、いうことは、これは
また昨日?
いや、今日?
どういうこと?

 

 

 

 

ピンポーーーン

 


突然、インターホンが鳴った。
(インターホンは突然鳴らされるものである)

 


……ほらほらほら!
このくだり!!
昨日と同じ!!
【せんぺいも王子様も蔑ろ】① 参照

 


(……どうか昨日の出来事と違ってくれ!)

そう心の中で願っていた。

僕らは願いのリレーだ
(↑お前しかいないだろ!)

 

 

「はい」

と僕は返事して
ドアを開けると、そこには男性2人女性1人が立っていた。


身長160センチメートル位
黒縁メガネに上下グレー色のスーツ姿を着た
やや癖がありそうな
年齢60歳くらいで細身の男


30歳代後半位で、身長165センチメートルくらいのスラッとした
色白で肩までの黒髪のストレートヘアの
鮮やかな水色ワンピースを着た、帰国子女のような清楚な女性


顔も白いワイシャツも汗でビショビショの
人は良さそうな太ったトランプ柄のTシャツが透けている男

 

はぁ……


やっぱりか。


どうやら僕は、いつの間にかおかしな世界に入っていたらしい。


昨日と同じく女性が真面目な顔して喋りかけてきた。

 

『あのぉ、こちらに、せんぺいぺいピーポーさんはいらっしゃいますか? 』

 

僕は考えた。
昨日は、知らないということで誤魔化した。
今日は正直に自分だということを言ってみようかと。


いや、昨日が今日で今日が昨日で……
いやぁ〜
も〜〜う!

 

ややこしや〜 ややこしや〜
ややこしや〜 ややこしや〜
(狂言師野村萬◯さんのイメージで)

 

あ!!

しまった!!

この人たちの前で、「ややこしや〜」

振り付きでやってしまっていた!!

 

玄関前にいる人たちは、そんな僕を完全にスルー。

そして、何事もなかったように女性が質問してきた。

 

『私どもは、インスタを拝見しておりました。あすかせんぺいの仮面を付けて投稿していましたよね?
あれ、罪になるんです』


「あ、はい。僕がその、せんぺいぺいピーポーどぇす!」

僕は内心ドキドキしながらも正直に答えた。

 


身長160センチメートル位
黒縁メガネに上下グレー色のスーツ姿を着た
やや癖がありそうな
年齢60歳くらいで細身の男が怪訝そうな顔をして言った。 

 

『そうですか。なら、罪になるので、これから同行してください。今すぐに』 

 

「え?どこにですか?」

 

『私たちが乗ってきた車に乗ってください。あなたは罪を犯してます。今ならまだ間に合います。ある団体のところへ一緒に行きましょう』

 

……やはり、昨日とは違う展開になってきた。
どうしよう。
どこに連れて行かれるんだろう……

 

僕が不安そうにしていると、

顔も白いワイシャツも汗でビショビショの
人は良さそうな太ったトランプ柄のTシャツが透けている男が、こもった声で言った。

 

『せんぺいぺいピーポー第8弾、見ましたよ。申し訳ありませんが、確かにあの笑顔では奥様はあなたのことを蔑ろにしてしまうでしょう』


「あ、あれ見られたんですね。お恥ずかしいかぎりです」(^◇^;)


『実は今、そのある団体のところに、奥様がいるんです』


「え!?妻が何故そこに?」


『それは向こうに着いてからお話しします。向こうで奥様もお待ちしております。さぁ、行きましょう』


「はい。わかりました」


僕は何故か、
この3人は悪い人たちではなさそう。
罪を犯した僕を救ってくれそう。
そんな予感がしたため、
この人たちを信じてみることにした。

 


玄関前には
1台の車が止まっていた。
この3人が乗ってきた車だ。
てんとう虫みたいな形の車だった……

 


運転手が、太った男。
助手席に女性。
助手席の後ろに、メガネの男。
そして、その隣に僕。

 

 


4人で、ある団体のところへ向かった……

【せんぺいも王子様も蔑ろ】③

※ これは、フィクションとノンフィクションの合作です(吉◯栄作ではありません)。

 

 

 

 

 

せんぺいを顔に付けた僕は、
思いっきり満面の笑顔を作って妻に見せた。

 


【せんぺいぺいピーポー第8弾】
(インスタより)

 

 


僕は、よくみんなが表現するような
ひまわりのような笑顔を作ったつもりだった。

これなら、妻もニコッとしてくれると思った……

 

 


結果は……

 

 

 

 

 

 


スルーされた。
(やっぱりな!これなら、ニコッとしてくれるという考えが甘いわ!!)

 


作った笑顔では、人の気持ちを動かせない。
それは、どんな場面でも。

ひまわりのような笑顔?

それって何だろう……ふと思った。

 


そこには、喜び悲しみ苦しみ恨み辛ふみ様々なことを経験して乗り越えてきたからこそ、できるものではないのか。
知人、同僚、友人、そして家族など、いろんな人から支えられて支え合って培ってきたものから生まれてくる
愛くるしさもある笑顔なのではないのか。

果たして僕にはそれだけの今までの糧はあるのか。

そう自問自答した。

自然にいい笑顔になったことも、近頃ないような気がした。

ひまわりって、お日様に向かって咲いてるから、お日様だけは知っているのかな。

上を向いて笑顔で堂々と歩ける日々を送りたい。

 

 

 

ひまわりのような笑顔って 
お日様だけしかわからない
土の中 支えつづけるもの

 

 

 

妻とはいつもケンカする。

けちょんけちょんに言われることもある。

その時に限って、僕は、仕事などで疲れ病んでいることが多い。

仕事でも家でも蔑ろにされて、
自分という存在の意味すらわからなくなる。

 

 

昔、20歳代前半の時には
その時の彼女から婚約破棄され
【「君の知らない君の僕」3より】

椎間板ヘルニアもになり
親とも上手くいかず、
そのときにも思ったことがある。

「もう俺なんか……」

と。

その時に、たくさんノートに書いた。
心の中でも、
言葉にできない
文字に書けない
いろんな複雑な想いをたくさん書いている。

 

 

 

遺書なら昔に書いてある 何枚書いても隠される
結局答えを「我慢」と言うんだろう

 

 

 

僕は結局今を生きている
なぜなら、単純に
生きたい
という気持ちが勝っているからだ。

 

我慢して我慢して今日を生きている。

 

 

……で、
話は戻るが、そりゃあ、そんなので妻が
ニコッとするわけないわな!
だって、ひまわり以前に
目が笑ってないですからぁ〜〜!

残念!!(波田陽区風)

せんぺい付けてますから、
あまり表情が顔に出ないですよね!

目は口ほどに物を言う

と言いますが、その目が変わりませんからね。
せんぺいは。

 

 

 

せんぺぇ〜〜〜〜〜い!!

ワレワレは、宇宙人だ!
(いえ、地球生まれの地球人です)

 

 

 

こうなったら、
妻から自然な笑顔が出るようにしたい。

 

 

 

 

 

 


つづく

【せんぺいも王子様も蔑ろ】②

※ これは、フィクションとノンフィクションの合作です(B作ではありません)。

 

 

 

 

ふぅ……


ホッとしたのち、休日のため、
洗濯掃除、庭の草刈正雄などの作業を一通り行い、筋トレをしたりしなかったりした。


そして、あるアーティストのシンフォニックコンサートのDVDを観ながら、
時々口ずさみ、時には真似をしてみて大きな声になりそうになりながら歌ったり、何回も観たはずなのに、熱唱するAさんに思わず見入ったりラジバンダリーして過ごした。


あっと言う間に、1人の1日も終わり、
朝の出来事がまるで嘘のように日常を取り戻していた。

 

家族も夕食までには全員帰ってきた。

妻と爪楊枝と妻用事で
妻元気で留守がいい
妻の居ぬ間に……
(↑わけわからんこと言わんといて!)

 

 

 

午後6時30分頃

家のリビングのテーブルに、
僕の向かい側に妻
妻の隣に幼稚園児の娘
僕の隣に小学5年生の息子

が座り、家族4人の夕食がはじまった。

いきなり妻が、息子になにやら学校の宿題のことで怒り出した。

息子の顔は強張っていた。

次に娘が絶妙なタイミングで、味噌汁のお椀に箸を入れたままテレビを見ていて、
お椀を倒して味噌汁をこぼしてしまった。

妻は、やはり今度は娘に激怒!!
怒りながらテーブルや床を拭き出した。

娘は涙を流し泣いている……

 

 

僕は、この重苦しい空気を変えようとした。

妻に、

「あんたもふくの手伝ってよ!!」

と、怒られた。

でたぁ〜!待ってました!!

ピンチはチャンス!!

僕は、ふいた。

 


正式には、吹いた!!

テーブル上に溢れている味噌汁を

ふー ふー

と、息を大きく吹いてみせた。

テーブルの上の味噌汁が無様に床に落ちていく。

 


奇麗な着地なんて期待は無かったさ。

 


妻は、そんな僕を無視した。
(アタリマエダ!オマエ!)

[誰だ!?]

 


小学5年生の息子もふいた!

ぷぷぷー

と、笑いを堪えきれず吹いた。

僕はすかさず口笛を吹いた!!(何故だ!)

 

 

幼稚園児の娘は

先程まで泣いていたが、僕の渾身のギャグ?に、涙を流しケラケラ笑っていた。

 


もうこれで、息子と娘の掴みはOKだ!
あとは妻を笑かさなければ。

僕は最近蔑ろにしてきたあすかせんぺいを
(蔑ろ〈ないがしろ〉の使い方が多分違う)
2階の寝室の本棚からリビングに持ってきて、自分の顔に付けた……

 


【せんぺいぺいピーポー第8弾】

 


をやることにした。
久々の、せんぺいぺいピーポーだった。

 


あと、補足だが、
妻が息子に怒っていたことは、
学校の宿題ではなく、そろばんの2級検定試験についてらしい。
どうやら息子は、そろばんの練習を蔑ろにしていたらしい(蔑ろの使い方がわからん)。

 

 

♫検定をお子様も蔑ろ〜

 

 

 

 

 

(^◇^;)つづく